パウチ式の水素水とは

藤原紀香の引き出物はコレがベース!!

水素好きで知られる藤原紀香さんの披露宴での引き出物の水素水生成器が話題ですね。あの商品は色など特別に作ってもらった商品らしいですが、もとになってる商品はコレ⇒【充電式多目的用水素発生器マルーン】

基本的には水素風呂を作る機械ですが、お風呂で使わなくても水素水が作れて、作った水素水色々な用途に使えるので便利な商品ですね。実際に私は購入してないですが凄く興味がある商品ですね。

藤原紀香さんが引き出物に送った水素生成器の詳細はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://www.miraiplus.co.jp/product/100

パウチ式の水素水とは

一般的な水素水の販売は、パウチ式での販売が多くなっています。

 

アルミは、水素を通さない事がわかっていますから、アルミのパウチで作られている水素水が多くなっているのです。パウチ式の水素水の場合、密閉性も非常に高く、開封しなければ、水素が出てしまう事がないとされています。粗悪品である場合、製造している過程では水素が含有しているにも関わらず、消費者の手元に届くころには、水素がほとんど含まれていないという事もあります。製造側としては、製造過程中の水素の含有量を公表しますから、実際に手元に届いた水素水に水素が含まれていないなんて、考えないかと思いますが、そのような商品も出回っているのです。

水素水アルミパウチ 水素水アルミパウチ

アルミのパウチに入っていたとしても、封を切った瞬間から、水素はどんどん放出されてしまいます。1日経つと、水素水ではなく、ただの水に変わってしまいますから、パウチ式の水素水であっても、開封したらなるべく早く飲み切ってしまう事をお勧めします。

 

パウチ式の水素水は、内容量が500ml程度である物も多く、一気に飲み干すことが難しいサイズの物も販売されています。水が苦手な人の場合、500mlをできるだけ早く飲み切るのは難しいという人もいますから、自分が飲み切れるサイズである水素水を選ぶことが大切です。

 

メーカーによっては、水素が逃げないような独自の容器を取り入れている物もありますが、それでも2日水素が残っている程度ですし、開けた瞬間から水素が逃げてしまっていますから、できるだけ早く飲み切ってしまう事が大切です。