水素の含有量が多い水素水を選ぶ

藤原紀香の引き出物はコレがベース!!

水素好きで知られる藤原紀香さんの披露宴での引き出物の水素水生成器が話題ですね。あの商品は色など特別に作ってもらった商品らしいですが、もとになってる商品はコレ⇒【充電式多目的用水素発生器マルーン】

基本的には水素風呂を作る機械ですが、お風呂で使わなくても水素水が作れて、作った水素水色々な用途に使えるので便利な商品ですね。実際に私は購入してないですが凄く興味がある商品ですね。

藤原紀香さんが引き出物に送った水素生成器の詳細はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://www.miraiplus.co.jp/product/100

水素の含有量が多い水素水を選ぶ

水素水は、メーカーによって水素水の含有量が異なります。

 

できるだけたくさんの水素を体内に取り入れた方が、確実に体には良いですから、多くの水素水を体内に取り込むためには、水素の含有量が多い水素水を選ぶようにしなければいけません。

 

水素水のパッケージなどをチェックすると水素水の含有量がわかるかと思いますが、水素水の表示の方法としては、ppmという単位で明記されていることと思います。

 

販売されている水素水の中で水素の含有量が多いとされている水素水では、1.2ppm程度となっています。自分でミネラルウォーターなどを利用し、スティックを入れることで水素水を作る場合、7.0ppm程度まで水素の含有量を多くすることができる物もありますが、パウチなどで販売されている水素水の場合には、スティックに比べ、水素の含有量が少なくなってしまうでしょう。

 

ですが、たくさん体内に水素を取り込んだ方が良いとされながらも、パーキンソン病の予防に効果があった水素水の水素の含有量は0.1ppmであり、少量の水素でも体内を改善するために有効に働くことがわかっています。

 

水素の含有量が同じくらいである水素水の場合には、飲みやすさや、水素の抜けにくさ、そしてコスパなどを基準に水素水を選ぶのも良いでしょう。

 

水素の含有量が多い、水素水7.0ppmのアキュエラやセブンウォーターを選ぶことも良いですが、使い勝手が良い物を選ぶ方が継続して飲用しやすいので、生活に合わせた水素水を選びましょう。

 

おすすめはコチラですよ