水素濃度が高いランキング

藤原紀香の引き出物はコレがベース!!

水素好きで知られる藤原紀香さんの披露宴での引き出物の水素水生成器が話題ですね。あの商品は色など特別に作ってもらった商品らしいですが、もとになってる商品はコレ⇒【充電式多目的用水素発生器マルーン】

基本的には水素風呂を作る機械ですが、お風呂で使わなくても水素水が作れて、作った水素水色々な用途に使えるので便利な商品ですね。実際に私は購入してないですが凄く興味がある商品ですね。

藤原紀香さんが引き出物に送った水素生成器の詳細はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://www.miraiplus.co.jp/product/100

実際に水素濃度が高い商品は?

ここでは水素濃度が高い商品をいくつか紹介します。アルミパウチの場合は実際に濃度を測定してランキングに入れています。但し、水素濃度は、配送時の衝撃、気温、環境などで大きく変わりますので参考程度の数字と考えておいてください。3商品紹介しています。

セブンウォーターエクストラ

セブンウォーター

セブンウォーターがセブンウォーターエクストラに進化しました。進化したポイントは後述。

 

セブンウォーターは水素濃度7.0ppmを作り出せるキットです。セブンウォーターは、好きな飲み物に水素を溶かすことができます。

 

商品内容は、超過飽和水素発生剤 30包、専用耐圧ペットボトル 2個、溶存水素濃度判定試薬 1個が入ってます。
セブンウォーターとアキュエラとの違いは、水素の作り方。

 

アキュエラは、水素発生剤を別のカプセルに入れ、そこに水を入れて水素を発生させています。カプセルの中で水素を発生させ、その水素だけがカプセルから抜け出てきて、実際に飲む水に溶け込む仕組みです。ちょっと面倒な作り方です。
一方のセブンウォーターは、水素発生剤を直接ペットボトルに入れて水素を発生させます。手間がかからず簡単です。
直接発生材を飲む水に入れるので衛生的にどうなの?と思いますが、メーカーによると特殊フィルムに覆われているので問題ないとのことです。

 

セブンウォーターも濃度が7.0ppmになるには24時間必要です。
水素水の作り方は公式販売ページに動画があります。⇒セブンウォーターの水素の作り方の動画を見る
※セブンウォーターエクストラへ進化したため作り方の動画は現在無くなりました。

 

セブンウォーターの値段は定期便で5,600円です。500mlペットボトル当たり187円
セブンウォーターエクストラの値段は、定期便で6,300円。500mlペットボトル当たり214円

 

セブンウォーターからセブンウォーターエクストラに変わったポイント

 

専用のカプセルを使用して水素を発生させる

セブンウォーターは水素発生剤を直接ペットボトルに入れてましたが、セブンウォーターエクストラでは専用カプセルに発生剤を入れて水素を作り出します。

 

高濃度水素の発生時間の短縮

セブンウォーターでは、5.0ppmの水素水を作るのに約12時間必要でしたが、セブンウォーターエクストラではたったの10分で5.0ppmの水素水を作ることができます。
7.0ppmの濃度にするにはどちらも24時間必要です。

 

 

セブンウォーターのおすすめポイント

セブンウォーターのおすすめポイントは、自宅で超高濃度の水素水が作れるところです。

 

基本に水素濃度が7.0ppmなのでアキェラと同じような感じです。ただ、アキュエラよりも安くて水素の作り方が簡単なところ。アキェラよりもさらにコスパは良いです。
セブンウォーターエクストラでは、アキュエラとよく似てますがこちらの方が作り方は簡単です。

 

セブンウォーターのマイナスポイント

水素発生剤を直接飲む水に入れるので衛生面が心配、気になります(メーカーでは専門機関で検査し問題なし)。
水素濃度を高くするなら12時間以上が必要になるので時間がかかること。
※セブンウォーターエクストラでは5.0ppmが10分で作れるようになりました。

 

 

セブンウォーターは水素濃度7.0ppmにするには24時間必要です。そのため耐圧ペットボトルが2本入ってます。
2本のペットボトルをうまくローテーションさせて作り置きをしておきましょう。

 

セブンウォーターエクストラの購入はコチラ

 

↓↓↓↓↓

 

Bambi-バンビ-

Bambi

Bambiはタンブラータイプの水素水生成器。
携帯用水素水タイプでは最高水準の1.4ppmの水素水です。

 

本体をタンブラーにセットしてボタンを押して約10分。高濃度の水素水が完成します。

 

水素水の生成器では、作り出すためのカートリッジやフィルターなどの交換が定期的に必要になるケースが多いですが、バンビはカートリッジやフィルターなどの消耗品はなしです。
また、残留塩素除去を実現したため水道水の利用が可能になりました。

 

Bambi

 

バンビでは水素水を別容器でも生成可能で他の方ともシェアできる作りになってます。生成器部分を取り外してマグカップやコップなどでも水素水の生成が可能です。

Bambi

 

実際に購入して濃度測定してみました。Bambi-バンビ-の濃度測定の結果はコチラ

 

Bambi-バンビ-のおすすめポイント

Bambi-バンビ-のおすすめのポイントは、約10分で高濃度水素水が作れるところ。またタンブラーの容器なので持ち運びにも便利です。
カートリッジやフィルターの交換の必要がないので購入後のコストがかからないのもおすすめです。
Bambi-バンビ-には、2年間のメーカー保証付きです。

Bambi-バンビ-のマイナスポイント

Bambi-バンビ-のマイナスのポイントとしては、タンブラーの容量が200mlと少し少なめな感じなのと、定期的にメンテナンスが必要(3か月に1回のクエン酸の付け置き)
あと、生成器なので初期費用で本体代が49,800円(税抜)かかります。しかし、一度購入すると作り放題飲み放題なのでコストパフォーマンスは高い方です。

 

高濃度水素水タンブラー 水素濃度1.4ppm 【BAMBI(バンビ)】の詳細はコチラ

 

↓↓↓↓↓

 

Aso水素水(販売終了)

Aso水素水

3位になったのはAso水素水。しかしこちらの水素水は販売が終了しました。あまり知られていない商品かもしれませんが、私が水素濃度を計測したアルミパウチの水素水の中では高い方でした。

 

このAso水素水は充填時の水素濃度が3.3ppmと業界でもトップクラスの充填濃度です。
商品名のからわかるように阿蘇の天然水を利用しています。

 

さらに、高い水素濃度だけでなく、美容と健康にいいとされるミネラル成分の「サルフェート」と「シリカ」が入っています。

 

そして、気になる到着時のAso水素水の水素濃度は、「1.04ppm」でした。誤差が多少はあるかと思いますが、公式ホームページにはお届け時の水素濃度は、1.0ppm〜1.6ppmとなっていたのでギリギリ入ってました。

Aso水素水 Aso水素水

Aso水素水は他の商品とは違って、本数の少ない安いお試し商品の用意はありません。
Aso水素水の初回限定のお試し商品は、20本セットで5,000円(税抜・送料無料)になります。
飲んでみた感想ですが、かなり柔らかい感じの水でミネラル分が豊富なので合う合わないがあるかもしれません。凄く飲みやすいという感じではないですが、個人差があるので何とも言えないです。

 

Aso水素水のおすすめポイント

Aso水素水のおすすめおポイントは、アルミパウチの商品の中では充填時の濃度が一番高い3.3ppmです。(人気のトラストウォーターで3.0ppm)
女性の中には「シリカ水」等も人気のようですが、Aso水素水も「サルフェート」と「シリカ」が入ってるので美容にいいミネラルも水素と同時に取り込むことができます

Aso水素水のマイナスポイント

Aso水素水のマイナスポイントは、本数の少ないお試し商品がないところですね。水素の還元力を試すのであれば20本は必要になると思いますが、水の味を試すには本数が多い気がします。
ただ、他の商品との比較をした場合、本数が少なくて安いお試し商品だけど1本当たりの単価が高い商品もありますので単価の確認は必要です。
Aso水素水はお試し商品は1本当たり約270円になります。
定期購入でもほんのチョットだけ値段が高いです。高い水素濃度と豊富なミネラル成分が入ってる分仕方がないのかな。

 

 

サイトトップページへ戻る